読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳と蜜の流れるトコロ

ちいさい気持ちと、勝手なリコメンドで綴る極私的ブログ。2015-6-10仏滅にスタート!

さざなみ(45 YEARS)を観て

映画、「さざなみ」を観た。

 

f:id:norikenn:20161024180029j:plain

 

イギリスの田舎町に暮らす子供のいない老夫婦、ジェフとケイト。

結婚45周年目の祝賀パーティを数日後に控えたある日、50年以上前に山で遭難したジェフの元恋人カチャが発見された。

温暖化で雪が解けて発見されたため、若い頃のままだ。

現地警察はそれをジェフに確認をして欲しいというのだ。

 

不用意に「ぼくのカチャ・・・」とジェフが口にした時、ケイトの心は軋み始める。

ケイトは会ったこともないカチャへの嫉妬から、ジェフを詰問し、「遭難事故がなければカチャと結婚していた」と言わせてしまう。

二人の距離がどんどん離れていく。

 

その後、お互いに関係を修復する約束をし、祝賀パーティでジェフから「君と出会えたことが人生一番の幸せ」と愛を語られても、ケイトの心は晴れない。

それどころか、ダンスの最後にジェフの手を冷たく振り払ってしまう。

嫌悪感から我慢しきれず、、、それが正解だろう。

そこでエンド。

この時のシャーロット・ランプリングの表情は、おどかすほどに魅力的だ。

 

例えば、「マディソン郡の橋」のメリル・ストリープが、家族を置いてキンケイドと一緒になるかどうかを悩むあの表情。

例えば、「ひまわり」のソフィア・ローレンが、戦地で別の家庭を持った夫と現地の妻の姿を見てすべてを悟ったあの表情。

そんな名演技に匹敵すると、個人的は感じた。

 

無神経さから妻を傷つけたと悟った後の、トム・コートネイ機嫌の取り方もなんて自然なんだろう。

彼もまた素晴らしい俳優だと思う。

 

映画『さざなみ』 公式サイト